カレンダー

2018年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

オトメちゃんが本に!!

■当ブログが本になりました■

遊んでいたはずが本気になって……

【訪問記】

ウメちゃんとテツくん、最初はじゃれあって遊んでいたのに……、
気がつけば、本気のとっくみあいになってしまいました。

どうだ、まいったっていえー

おいおい、もうそのへんにしておけ!
と、オトナにさとされるウメちゃん、そして退散するテツくん。

待てー、逃げるのかぁ!

興奮状態にあったふたりですが、
しかし仲裁されたあとは、さーっとあっさりおとなしくなり、
お互い逆方向にわかれました。

ウメちゃんは、サル山の頂上に。
派手に争ってたなー。

ちょっと本気になっちゃったわ、わたし……

テツくんは、逆側の中腹でオトナにつかまりました。
おまえ、何、女の子に本気になっているの!? だめじゃない。

だってさぁー、ウメがさぁ……

ただ遊んでいただけなのにねー。
ふたりは怒られて、ちょっと反省しているようにも見えました。

(2010年5月9日 市川市動植物園)

タグ: ウメちゃん, テツくん

言葉のないコミュニケーション

【訪問記】

今日はちょっと変わったパターンで日記を書きたいと思います。
この一連の写真は、11月28日の午後のサル山での出来事です。
今日は写真とその場の事象のみを書きます。
この出来事の前後の話は、また後日させていただきます。

サル山の中腹に一頭の老いたサルと、
そのまわりに集まる子ザルと、若いオスザル2頭。

中心の年寄りのサルは、当年36歳の最年長の”ふたご”さんという名のおサルさん。

よく見れば、子ザルがふたごさんをのぞき込むようにしています。


まわりの子ザルは、意図的に目の前に立ったり、身を寄せてみたり、


かと思ったら、一旦、解散。


しばらくして、またまた気になるのか子ザルがやってきました。

思いっきりのぞき込んでいるのは、ウメちゃん。と、その横にはテツくん。

ウメちゃんが通り過ぎたあとは、今度はテツくんがのぞき込んでます。


またみんないなくなりました。

ふたごさんは、動かず、そして表情も変えず、ただただ、じっとしています。

しばらくすると若いオスが、また現れました。


オトメちゃんも、またやってきました。


オトメちゃん正面に立って、


真っ正面から、ふたごさんの頭をグルーミングしています。


そしてオトメちゃんも、ふたごさんの顔をのぞき込みました。


またまたやってきた若いオスザルくん。


やや子ザルたちとは違いますが、
彼も同様に”ふたご”さんが気になっています。


と、ここまでたぶん3~5分ぐらいの間の出来事です。
さて、サル山でのこの現象は、いったいなんだったのでしょうか?
ふしぎ発見、ラストクエスチョン!
なんて、クイズというわけではないのですが、
今回はちょっとみなさんに、サル山を観察していて私がいつも不思議に思ったり、
あれ何をしているんだろう? という疑問からはじまる彼等の面白い行動の発見のおすそ分けです。
自分でもまぁこの行動にその答えを見つけられたわけではないのですが、
私なりの解釈を、また後日お話させていただききます。
よかったらみなさまも、このサル山の出来事の理由を考えてみてください。

(2010年11月28日 市川市動植物園)

タグ: ウメちゃん, オトメちゃん, テツくん

崖の上のウメ

【訪問記】

ウメ、ウメ、ウメ、おサルの子。
崖の上のウメちゃんのセクシーショットです!




しかし、こんなに崖ギリギリに寝転んでいても、
まったく恐くないというのがすごいです。
それにしてもウメちゃん、大胆なポーズです(笑)。

(2010年5月5日 市川市動植物園)

タグ: ウメちゃん

寒いと、ちょっと愛くるしいおサルさんたち

【訪問記】
寒いときのおサルさんたちのかたまり(通称サルだんご)は、
とっても愛くるしく、見ているほうは寒さを忘れます(笑)。


ミミちゃん親子



マルコちゃん親子だんご



そして2009年生まれの同級生どうし



2009年生まれのふたりの間に、
早くリュウくんも参加できるといいですねー。
ちなみに2009年生まれの子は、オスがテツくんで、
メスがウメちゃんなのですが、
まだ私は、どちらがどっちかわかっていません。
ただミミちゃん似の子と、そうでない子ということで、
2匹の区別はついているのですが、
どちらがオスでどちらがメスなのかがまだわかりません。

次回から、よーく観察してみたいと思います。

(2010年1月3日 市川市動植物園)

タグ: ウメちゃん, テツくん, マルコちゃん, ミミちゃん

子どもは風の子

【訪問記】

手が冷たくて冷たくて寒かったはずなのに、
ご飯を食べたらもう元気になるのが子どもたち。

ぶらーんとぶら下がるウメちゃん


中からリュウくんが見ています

えいっ

うおっ


びっくりするウメちゃん


なんだよーと、リュウくんをのぞこうとしたら


今度はテツくんの登場


よっこいしょと


お、のぼってきた


早くみんなで遊びたいよねー

なんだかオトメちゃんの後輩たちどうしも仲よくなりそうですね

(2010年3月28日 市川市動植物園)

タグ: ウメちゃん, テツくん, リュウくん
Page 1 of 41234