カレンダー

2017年4月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

オトメちゃんが本に!!

■当ブログが本になりました■

お母さんが恋しくなる雰囲気

【訪問記】

先週末、じつはまたリラックマお母さんがいませんでした。
おそらくサル山ではなく、サル舎の中に置いたままなんだと思います。

そんな中、この日は、なぜかオトメちゃん以外の子は、
なんだか甘えん坊モードだったのが印象的でした。

ミミちゃん、マルコちゃんもベッタリ

ミミちゃん、マルコちゃんもベッタリ



誰かのマネをしたくなっちゃったりするのが子ザルたちですから、
こうしてひとりが甘えると、自分も甘えたくなっちゃうんでしょうね。

そんなとき、オトメちゃんはどういう気持ちなんでしょうか。
オトメちゃんは、そういうときはだいたい仲良しの大人のサルといます。
そして、たぶん甘えているのだと思うのですが、
オトメちゃんは、メスのサルにしがみついたりすることもあります。
見ていて、どことなくぎこちない甘え方です。

赤ちゃんのお母さんにしがみつきました

赤ちゃんのお母さんにしがみつきました



うんしょっ、よいしょっ

うんしょっ、よいしょっ



うわー、のぼれなーい

うわー、のぼれなーい



こっちがわからまわって……

こっちがわからまわって……



オトメちゃんが、逆にまわって飛びつこうとしたそのとき、
お母さんザルは方向を変えました。

うわっ

うわっ



オトメちゃん、背負い投げで一本取られた感じです(笑)。

あー、ごめんごめん  ひ、ひどいよぉ~

あー、ごめんごめん  ひ、ひどいよぉ~



急に投げられたオトメちゃん。
オトメちゃんも赤ちゃんのお母さんも、不慮の事故にお互いビックリです(笑)。
これは憶測ですけど、ちゃんとお母さんザルは、オトメちゃんにあやまりに行きました。
このあたりの感情は人もサルも共通ではないかと思う、
そんなエピソードでした。
※赤ちゃんが、そのエピソードをじーっとうしろで見ていました。

(2009年9月5日 市川市動植物園)

タグ: オトメちゃん, リラックマ

2 comments to お母さんが恋しくなる雰囲気

  • Penpen

    オトメちゃんにも甘える相手がいることにちょっとほっとするような、ほかの子どもがお母さんにぺったりなのを見ると、胸がきゅんと痛むような。
    いつかオトメちゃんが子どもを生んでお母さんになって、赤ちゃんとぺったりしてるのを見られたらいいな。

  • zoo

    >Penpenさん
    >いつかオトメちゃんが子どもを生んでお母さんになって、赤ちゃんとぺったりしてるのを見られたらいいな。

    こんにちは、コメントありがとうございます。
    私も、オトメちゃんとの縁を大事にしたいと思っています。
    こんなにサル山が楽しくいろいろなドラマがあることを教えてくれた、
    オトメちゃんをはじめ、市川市動植物園のサルに大感謝です。
    オトメちゃんのお母さん姿、いいですねー。
    そしてオトメちゃんの彼氏になるサルはどの子なのか、
    ちょっと気になります。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">