カレンダー

2017年6月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

オトメちゃんが本に!!

■当ブログが本になりました■

珍事のあとのお食事タイム

【訪問記】

サル山の珍事のあと、30分ほどたったでしょうか、
市川市動植物園のサル山は、恒例のお食事タイムです。

もうその頃になると、オトメちゃんをはじめ、
サル山のみなさんは、何ごともなかったかのごとく、
いつものように飼育員さんがご飯を持って現れるのを待っております。
オトメちゃんは、これまた恒例のリラックマお母さん木馬状態です。

そして不思議なのは、あの恐怖のクサリを持った飼育員さんと同じ人なのに、
なぜかバケツを持っている飼育員さんには、すり寄ります(笑)。


(ケータイ用動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=XQjpF8xUVQI)

サルたちのほとんどは飼育員さんについて歩いているのがわかるでしょうか?
これは、ご飯中もっともおいしいサルペレットをまずは拾うためについてまわっています。
サルペレットがなくなったら、しかたがなく次はサツマイモ、ニンジンという感じです(笑)。

そうそう最近の写真やビデオでは、極力オトメちゃんによって撮っていたんですが、
こうして飼育員さんもはいるように少し引いて撮ると、
オトメちゃんって、じつはまだまだ小さいってことがわかりますねー。

(2009年7月12日 市川市動植物園)

タグ: オトメちゃん, リラックマ

6 comments to 珍事のあとのお食事タイム

  • マリゾウ

    zoo様

    こちらこそ日々更新していただき、ありがとうございます。
    毎日更新されるのも大変でいらっしゃるのでは…と思いつつ
    日課のように拝見しています。
    こちらまで市川市動植物園に通っている気分でいます(笑)。

    ところで、今日のお食事タイムの映像を見て、またまた笑って
    しまいました。
    飼育員さんもオトメちゃんは大目に見ていてあげているのでし
    ょうね。皆が待っている中、一番にバケツに突進してきて、バ
    ケツにのっかって食べていてもそのままにしてあげていますものね。
    それと、直接ご飯をあげているのが、ボスのゴロンですね。
    確か前にもそういう映像があったと思いますので、やはりボスは特
    別な存在なのですね。皆もおとなしく待っています。
    そういう場面を見ても、統率がとれているのがよくわかります。

  • zoo

    >マリゾウさま

    しっかりゴロンまでチェックされてますね(笑)。
    はい、一番近くにいるのがおっしゃるとおりゴロンです。
    飼育員さんもゴロンを尊重してあげているのに感動します。

    それにしてもオトメちゃんの行動を、
    ここまで許しているゴロンの心理を知りたいですね。
    本来、サル社会ではボスが最初になんでも食べるはずが、
    オトメちゃんだけ特別扱いというところがとても気になります。
    リラックマの存在をも受け入れているゴロン、サル山は、
    もしかするとオトメちゃんの境遇が理解できているのではないかと、
    そう思える今日この頃です。

  • だまや

    こんにちは。
    いつも楽しみにしています。
    オトメちゃん本当に可愛いですね。
    ドアノブに腰掛けている写真が大好きです。

    毎日暑いですが、お体にお気をつけて。
    また楽しいオトメちゃんの記事をお願いします。

  • みやび

    ZOO様のコメント、納得できます。

    サル山も、ゴロンも飼育員さんも
    みんな優しい~~~!!
    そんな集団に思えて・・・。


    今日、姫路城の中にある動物園によって来ました。
    オトメちゃんは、恵まれているかな・・・・って
    ふと、そんな風に思うのは私だけかしら?

  • zoo

    >だまやさま

    こんにちは。コメントありがとうございます。
    私もドアノブに腰掛けたオトメちゃんは大好きです。
    この時期にしかできない芸当ですよね。
    歌手でいうなればデビューした年にしか取れない
    新人賞のようなものですかね(違うか)。

  • zoo

    >みやびさま
    >オトメちゃんは、恵まれているかな・・・・って

    はい。私もそう思います。
    それと、市川市動植物園のサルたちは、とてもなかよしというか、
    他の動物園でこんなにまでサル山を観察したことはありませんが、
    ボスの心意気がとにかく群を抜いてすばらしいんじゃないかと、
    そう思える今日この頃です。
    私自身、こんなにサル山に惹かれるとは思ってもいませんでしたし(笑)。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">