カレンダー

2011年4月
« 1月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

オトメちゃんが本に!!

■当ブログが本になりました■

おサルさんの個性

【訪問記】

オトメちゃん以外のおサルさんは、
面白い表情したり、動きがおかしかったり…ってあるのでしょうか?
今日は、そんなご質問の答えになるでしょうか?
他のおサルさんの特徴的な様子をご紹介します。

まずは、アキラ。
彼は、リュウくんの天敵です(笑)。
昔はオトメちゃんもいじめられてましたが、
今はすっかりなかよしのアキラ。

彼は、飼育員さんが水をまいて掃除していると、
必ず飼育員さんの目を盗み、ホースにいたずらをします。
飼育員さんの視線を常に気にしつつ、
自分を見ていないことがわかると、
いっきにホースに近寄り、ホースを引っ張ったり
噛んだりします。

飼育員さんを見つつ、ホースを引っ張るアキラ。


勢いよくジャンプするも、


怒られやしないかと、チラチラ見るアキラ。

ちょっとでも飼育員さんが近づくと、すぐに離してしまいます。
ちなみにホースにいたずらをするのは、アキラとオトメちゃんだけです(笑)。

こちらは、ギンペイさん。サル山ナンバー2です。
でも、ゴロンのように他のサルの面倒をみたりはしません。


とてもマイペースです(そう見えるだけかも)。
騒動には駆けつけますが、
弱きを助け強気をくじく、という行動は今のところ見られません。

でも、彼がマイペースだからサル山が平和だともいえますよね。
見ようによってはゴロンをたてているということかもしれません。
いつかナンバー1になったら、どんなリーダーになるのでしょうか。

ちょっと個性的というのとは違いますが、
たとえば親子のサル。親と子は、容姿だけではなく、
どことなく行動も似るものです。
そういう部分が個性につながるんでしょうねー。


というわけで、サルたちを観察すればするほど、
それぞれに魅力ある個性が見えてきます。
パッと見、ニホンザルはみんな同じように見えるかもしれませんが、
今の私には、同じように見えるほうが不思議なほどみんな違って見えます(笑)。

(2011年4月17日 市川市動植物園)

この投稿にタグはありません。