カレンダー

2009年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

オトメちゃんが本に!!

■当ブログが本になりました■

赤ちゃんサルの好奇心

【訪問記】

日に日に高まる赤ちゃんサルの好奇心。

お母さんと一緒にいながらも、
何かが気になっている赤ちゃんです。

何かが気になっている赤さゃん

何かが気になっている赤さゃん



もうひとりでも坂の登り降りができます

もうひとりでも坂の登り降りができます



高いところも好きです

高いところも好きです



リラックマお母さんにも好奇心は向けられますが

リラックマお母さんにも好奇心は向けられますが



それを見たオトメちゃん、あわてて飛んできます

それを見たオトメちゃん、あわてて飛んできます



グルーミングされているお母さんにも飛び乗ったりします

グルーミングされているお母さんにも飛び乗ったりします



そして極めつけは、
大人のサルのマネをすること。
マネをすることで、いろいろなことを学んでいくんですね~。


(ケータイ用動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=mu3uGg4JsBI)

グルーミングを見よう見まねでマネをする赤ちゃん。
でも、そこはおしりとしっぽですから~。

サルの赤ちゃんは、そんな好奇心からうまく勉強をしています。
勉強をしろーと命令をしなくても、好奇心をうまく利用すれば、
どんな子どもも、自分で勝手に勉強するものなんですねー。
自分も好奇心を失わないようがんばらねばと思いました。

(2009年7月5日 市川市動植物園)

タグ: オトメちゃん, リラックマ

リラックマお母さん、ふたたび占領される

【訪問記】

好奇心旺盛な2009年生まれの赤ちゃんが、
ふたたびリラックマお母さんと接触。
今回の赤ちゃんの行動は、最近よくオトメちゃんがやっているポーズです。
あきらかにマネをしています。


(ケータイ用動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=A0TSN518JOQ)

それにしても毎度思いますが、
この赤ちゃん以外のリラックマお母さんに接する態度は、
いったいどんな真意なのでしょうか……。
今回も赤ちゃんのお母さんの対応が、
かたくなに触らせまいとする対応です。

この赤ちゃん以外、どのサルも絶対にリラックマお母さんに触りません。
恐怖心から触らないというならわかるのですが、
本当に誰もリラックマお母さんを怖がっていません。
近くにころがっていても、確実に無視を決め込んでいます。
あきらかに、それはオトメちゃんの大事なモノだから触っちゃだめ、
というようにしか見えないのです。

(2009年7月5日 市川市動植物園)

タグ: オトメちゃん, リラックマ