カレンダー

2017年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

オトメちゃんが本に!!

■当ブログが本になりました■

鳴くリュウくん

【訪問記】

今日のリュウくんは、ふだんとは違った声で鳴くことが多く、
いつもとは違う雰囲気をかもし出していました。

いつもとは違った声で鳴く、リュウくん



よくみたら白い犬のお母さんがいません!?

鳴き続けるリュウくん



アンパンマンお母さんに続いて、白い犬のお母さんも、
もしかしたらボロボロになってしまってしまったのでしょうか……。

心配なのか中をのぞく、やさしいいつものおサルさん



というわけでちょっと落ち着かないリュウくんでした。

鳴く、というより雄叫びに近い。リュウくん



でも、なんかケージのまわりにはいろいろな訪問者が現れます。

同級生の子ザルもやってきました



もちろんオトメちゃんもやってきます。

でも、ゴロゴロしてます(笑)



そして謎のポーズです(笑)



そして、こんな光景も!!

子どもたちが大集合です!!



オトメちゃん、マルコちゃん、ミミちゃん。
そして同級生のテツくん、ウメちゃん。
子どもたちとリュウくんとの距離がだいぶ縮まってきました。
これはリュウくんのサル山デビューも、
いよいよ近くなってきたんではないでしょうか。楽しみですねー。

(2010年1月31日 市川市動植物園)

タグ: オトメちゃん, マルコちゃん, ミミちゃん, リュウくん

魅惑のサルペレット

【訪問記】

サルペレットを別に配る、飼育員さん。
まわりのサルの視線が、サルペレットへと寄せられています。

サルペレットを配る飼育員さん

サルペレットを配る飼育員さん



飼育員さんのあとを追うゴロン

飼育員さんのあとを追うゴロン



ゴロンが移動したので、あわてるオトメちゃん。
すでに、手、足に、サルペレットを持っているので、
例によって、ぶっかこうな二足歩行で、ゴロンのあとを追っています(笑)。

かなり長い距離を歩きます。これもサメペレットの力ですね

かなり長い距離を歩きます。これもサメペレットの力ですね



視界から消えてしまいました

視界から消えてしまいました



オトメちゃんの二足歩行は、といもかわいいです。

(2009年9月5日 市川市動植物園)

タグ: オトメちゃん

高所恐怖症のサルはいないのだろうか?

【訪問記】

どれくらいだろ?

どれくらいだろ?



うわっ高けー

うわっ高けー



「うわっ高けー」といったかどうかは定かではありませんが、
それにしてもサルはまったく高いところを怖がらないですよね。
んー、なんであんなに高所を平気で飛び跳ねられるんでしょうか?
すばらしい身体能力ですよねー。

(2009年5月31日 市川市動植物園)

タグ: サル山

高いところにいるオトメちゃんは珍しい

【訪問記】

ふだんあまり高いところには登らないオトメちゃん。
この日は、数回、こうして竹で遊んだりしていました。


小枝にぶら下がってみたり、


ちょっと押してみたり、


さらに高い場所に向かい、


ちょこんと座ってみたり。


今日のオトメちゃんは、どんな心境だったでしょうね。

幼少期、リラックマお母さんを抱えながら移動していたオトメちゃんは、
高いところまで移動するのは、かなり重労働でした。

(2009年5月31日のオトメちゃん
)
なので、どちらかというとサル山のふもと、
もしくは中腹当たりがよく活動する場所だったこともあり、
今でもその行動範囲は、幼いころの影響があるような気がします。

逆にミミちゃんなんかは、
いつも小さいときからお母さんとサル山の高いところにいたので、
今でもよく高いところで行動していることが多いです。

(2009年10月17日のミミちゃん)
こういうところも個性に影響するんじゃないかと思っている昨今です。

そう考えるとリュウくんもきっと、
高いところにはあまり登らないオトナになるんじゃないかなーと、

今からそんなこと思いながらリュウくんを観察している今日この頃です。

(2010年8月8日 市川市動植物園)

タグ: オトメちゃん

高いところが好きなミミちゃん

【訪問記】

ミミちゃんが竹の先端でボヨンボヨン遊んでいたと思ったら、

こんな高いところから

こんな高いところから



よりによって着地しようとしています

よりによって着地しようとしています



うんしょっと

うんしょっと



着地成功

着地成功



(2009年9月12日 市川市動植物園)

この投稿にタグはありません。
Page 1 of 9712345...102030...Last »