カレンダー

2018年4月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

オトメちゃんが本に!!

■当ブログが本になりました■

旭山動物園の入場者数が12年ぶりに減少

【NEWS】
旭山動物園の年間入場者数(2008年-09年夏季、冬季)が、前年比約29万6000人減の277万1340人となったそうです。入場者数が減ったのは12年ぶりとのこと。

先のニュースで、上野動物園の入場者数が60年ぶりに300万人を割り込んだというニュースがありました。

その原因は、パンダ不在のせいではないかと分析する見解もありましたが、
今、最も人気のある旭山動物園ですらこの状況というのは、やはり不景気が影響しているのではないでしょうか。

■ニュース元
旭山動物園の入場者減-12年ぶり、277万人
(2009年4月7日 富山新聞)

タグ: 旭山動物園

旭山動物園、オオワシの繁殖に成功

【NEWS】
旭山動物園(旭川市)が、国の天然記念物で絶滅危惧種のオオワシのヒナ4羽の繁殖に成功したと発表。

オオワシは野生では1年に1、2個しか産卵しない。
今回、同園では親鳥から卵を取り上げる「採卵」という方法で、5個の卵を産ませることに成功しました。
その5つの卵のふ化を、人工と親鳥による自然ふ化の両方で試み、3月下旬から4月上旬にかけてみごとに次々とヒナを孵すことに成功したんだそうです。

現在個体数を多く見積もっても5000羽程度と絶滅が心配されているオオワシは、カムチャッカ、カラフトなどロシア極東で繁殖します。
その繁殖地が現在、油田開発等で環境破壊が進み繁殖地が激減しているんだそうです。同園では今後はさらにふ卵技術の向上、確立を目指し、複数羽繁殖を継続的に行えるよう取り組んでいきたいと話しています。

■ニュース元
オオワシの人工ふ化(1羽)と自然ふ化(3羽)成功!
(2009年4月12日 旭山動物園しいくにゅーす)

タグ: オオワシ, 旭山動物園

旭山動物園、29日より夏期開園 「エゾシカの森」もオープン!!

【NEWS】
夏期にむけて休園中(4月8日~28日)の北海道・旭山動物園が、
29日夏期開園します。
また夏期開園と同時に、新設された「エゾシカの森」もオープンです。

いきいきとした動物の展示で人気の旭山動物園ですから、
新説されるエゾシカの森も楽しみですね。
なんでも6メートルの築山を颯爽(さっそう)と駆け上がるエゾシカの姿が見られるそうです。

■旭山動物園公式ホームページ
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

タグ: エゾシカ, エゾシカの森, 旭山動物園

愛媛 とべ動物園は、県内最高の人出なるも前年比減

【NEWS】
愛媛県の行楽シーズンは、
観光地やイベントを訪れた行楽客が約70万1000人と、
前年比約5万3500人増とのことでした。

県内の主な観光地やイベントで最も人出が多かったのは、
愛媛県立とべ動物園7万8700人と動物園が検討をしていますが、
動物園単体でみると、前年比1900人減とのこと。
とべ動物園といえば、ホッキョクグマのピースくんですが、
一時期の人気からするとやや落ち着いた感があるので、
まぁやや減はやむを得ないところではないでしょうか。

GW行楽客5万人増
(2009年05月08日 asahi.com My Town愛媛)

タグ: 入場者数, 愛媛県立とべ動物園

徳山動物園のマルミミゾウのマリは、本当はサバンナゾウだった!!

【NEWS】
周南市の徳山動物園にて展示中のマルミミゾウの「マリ」は、じつはマルミミゾウではなくサバンナゾウであることがわかったそうです。

マルミミゾウはアフリカの熱帯雨林地域に生息するゾウで、マリはサバンナ地域に分布するサバンナゾウだったことが、今回の遺伝子検査によってわかったそうです。
元々マリは、1981年にアフリカゾウ(サバンナゾウ)として購入したものの、購入後、カラダが大きく成長せず、上野動物園に資料等を送り相談すると、サバンナゾウよりも小型であることからマルミミゾウではないかという判断になったんだそうです。
今後は、マルミミゾウ改めサバンナゾウということで展示していくそうです。

■ニュース元
マリはサバンナゾウだった!徳山動物園「マルミミゾウ」と展示
(2009年9月2日 山口新聞)

タグ: 徳山動物園
Page 2 of 1012345...10...Last »